島村楽器 津田沼パルコ店 シマブロ

島村楽器 津田沼パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

パーツ担当”K”によるマニアックパーツ通信VO.3

暑い夏がやって参りました。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

海にもプールにも行ってないのに日焼けして皮が剥けてるパーツ担当Kです。

マニアックパーツ通信もVo.3まできました。

今回はみんないつも触ってるコレを紹介しましょ。

             ↓↓

画像

ハイ、POTです。お湯は出ません。

意外とこいつで音が変わるんですよ。侮れません。

よく

ストラトには250㌔Ω

レスポールには500㌔Ω

テレキャスには1MΩ(1000㌔Ω)

とか言いますが、何でこーなったか。やっぱり基準がありました。

そーです。ギブソンフェンダーです。いわゆるオールドギター達が基準なのです。

だからハムバッカーには500㌔Ω、シングルには250㌔Ωて事になったわけです。

でもオールドのギブソンには300㌔Ωが付いてたって言う人もいます。多分付いてたと思います。

工場のおばちゃんが

間違えたんでしょう。

要するに決まりがあるようで実は無いんです。シングルに500㌔Ω使っても

いいんです!!

音が好みになればOK。

レオ・フェンダー的考え方です。

因みに、テレキャスターに使われるポットは最近は250㌔が多いです。

メーカーも色々です。国産物やCTS物、カスタムしたCTSのポットも各メーカーから発売しています。

ソニックのフルアップシリーズはプロも愛用しています。(B.O.CのF氏とか)

K的には

音抜け重視ならソニックのポット。

適度なトルク感で定番はCTS。(オールパーツの¥1050のタイプ)

がオススメです。

ギターを買ったらポットは絶対変える!!っていうギター講師の方もいらっしゃいました。

気になった方は試してみては!?

パーツ担当Kでした。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.